避妊薬の構造と市販されているかどうかについて

避妊薬というと、ピルがあります。ピルにはいくつか種類がありますが、いずれも服用時間を同じにしたり服用の順番を守るといった正しい使い方をすることで高い避妊の効果を発揮することが出来ます。
ピルの様な避妊薬は脳が身体は妊娠したと勘違いさせることで排卵を停止するように働きかけることで避妊の効果を発揮させるとことが避妊効果の構造となっています。そのためいずれのピルにも妊娠時に多く分泌される黄体ホルモンが必ず含まれていますが、ピルの種類によっては自然のホルモンバランスに近付けるために男性ホルモンが配合されていたり、逆に女性ホルモンのみの構造で出来ている種類もあります。
ではピルの様な避妊薬は街のドラッグストアなどで市販されているのでしょうか。結論から言えば市販はされておらず、入手する為には婦人科の様な医療機関で処方してもらうか、ネット通販などで購入する必要があります。ピルの処方について説明する医師しかし初めて使用するならば副作用の説明や津正しい使い方、自分の体質に合っているかどうか等を確認するためにも医療機関で購入することをおすすめします。市販されている避妊効果のあるものであればコンドームがあり、ピルの様な避妊薬は医療機関を利用しましょう。
ピルの様な避妊薬は、いずれもホルモンが配合されている構造です。そのため服用することでホルモンの影響を受け避妊の効果を発揮することが出来ますが、その副作用として妊娠初期の症状を感じることがあります。服用し続けることで副作用は感じにくくなると言われていますが、普段の生活に支障が出るような症状の場合は処方された医療機関で相談し、使用を続けたら良いか、副作用を緩和するような薬を処方してもらうか、適切な対処を取ってもらいましょう。