低用量ピルの入手と卵巣について

低用量ピルは避妊薬として知られていますが、女性ホルモンが含まれています。1日1回服用することで排卵を抑制しすることができますし、コンドームよりも高い避妊効果が期待できるということです。正しく服用すればほぼ確実に避妊できますし、 最も確実で安全性の高い避妊方法と言えるでしょう。低用量ピルを服用することで望まない妊娠から自身を守ることができるのです。
低用量ピルは3つの部位に作用して妊娠を防ぐということですが、まずは卵胞を成熟させるホルモンの分泌を抑えて排卵をストップさせます。次に子宮内膜の増殖を抑えて着床しにくい状態にしますし、子宮頚管の粘液を変化させて精子の侵入を阻むようにします。低用量ピルと薬にかかるお金低用量ピルは1ヶ月分で3000円程度となっており、1日あたり100円程度で妊娠対策ができます。病院で処方を受けて入手することになるため、初回は診察料もかかります。また、数ヶ月分まとめて処方してもらうこともできるため、ドクターに相談すると良いでしょう。ちなみに、低用量ピルは個人輸入を利用して入手するという方法もあります。
しかし、個人輸入で扱われている薬の中には偽物も多くありますし、副作用なども心配なので注意しましょう。信頼できるショップがあれば良いかもしれませんが、基本的には病院で処方を受けた方が安心です。低用量ピルを飲んでいれば性交渉の前に避妊が完了しており、失敗しないことが分かっているので安心感に繋がります。コンドームの場合は性交渉が終わった後に破れてしまったと気づくことがありますし、破れるかどうかを事前に調べることもできません。低用量ピルには2つのホルモンが含まれており、その働きによって脳に妊娠したと錯覚させます。結果として排卵を促す黄体化ホルモンの分泌が抑制されるため、卵巣は排卵する必要が無くなるということです。