アイピルの優れた機能と外来で処方される可能性

アイピルアイピルは海外の医薬品です。普通に販売されている薬ですので、個人輸入で普通の人でも購入することが可能です。医薬品としての機能は、避妊になります。女性が服用することで、避妊ができるという特徴を持ちます。いわゆるピルのことですが、毎日のように服用するタイプとは違います。妊娠を希望しない女性が、性行為の時に避妊に失敗した際に服用するピルになります。そのため、緊急避妊薬やモーニングアフターピルなどとも呼ばれています。
基本的な使い方は、性行為から72時間以内に服用するようにします。72時間より後の服用もできますが、避妊効果が急激に低下しますので、72時間以内に服用することがポイントです。72時間以内でも、さらに早い時間に服用すると、90%以上の成功率を維持することができます。アイピルのような避妊薬は、医療機関へ外来として訪れて処方してもらうものです。医療用の薬ですので、取り扱いには慎重になる必要があるからです。しかし、ピルは比較的安全な医薬品として知られており、正しく使っていれば副作用が出ることは少なくなっています。
医療機関の外来で処方してもらえるアイピルですが、全ての医療機関で取り扱っているとは限りません。アイピルはジェネリック医薬品ですので、先発品よりも安いという魅力があります。医療機関の外来で処方してもらえない心配があるのなら、個人輸入で購入することを検討してもよいでしょう。個人輸入とはいえ、現地に赴いて買い付けてくる必要はありません。インターネットで簡単に注文できる環境が整っているからです。医薬品を取り扱う、個人輸入代行サービスを通じて購入すれば、数日で希望する薬を自宅に届けてくれます。